大内刈り

今日は、大内刈りを教えてもらいました。

技の名前にあるような「刈り」ではなく、横への「スライド」方式の大内刈りです。

入り方は、大外刈りの要領で踏み込み太ももを上げ、その足を横に広げます。

監督は、「股裂き」と仰ってました。

普通に大内刈りをやると、どうしても膝が曲がってしまったり、腕が伸びてしまったりするので、このやり方が今の子供達には一番良いやり方なのでしょう。

いつもながら感心させられます。

 

最近は前技の崩しをやっていましたが、この大内刈りの登場で、グンと技の幅が広がります。

後ろ技では大外刈りをやってきましたが、大外刈りと違う向きへの後ろ技ですので、ぜひ習得してください。