試合の講評

試合が終わった一発目の稽古は、先生からの講評を受けます。

今日は、私からも気になったことを言うように言われましたので、特に気になった「礼法」のことを言わせていただきました。

良い所は良いし、悪い所は悪いので、次に活かせば良いのですが、どちらにしても礼法が疎かになってしまうと、得たものも台無しになってしまいます。

その後の監督の言葉の中に、「強い子の真似をしろ」というのが印象的でした。

同じ技を練習しろというわけではなく、普段の行動を真似しなさいとのことです。

そう話している間にもよそ見をしている子がいて、「強い子は話している人の方を見て、聞き漏らさないようにしっかり聞くよね」と言った瞬間監督の方を向いた子がいましたが、それでも隣の剣道を見ている子もいました。

ずっと監督の方を見て話を聞いている子の何人かは、強い子の話になった途端に目が変わりました。

きっと、次の稽古から強い子の真似をすることでしょう。

 

今回の試合は、比較的小さな規模の試合でしたが、気付くことが多かった試合でした。

何よりも子供本人が一番気付いて、稽古前から「柔道やりたい」と言ってたくらいです。

勝っても負けても、次に活かせるのが試合です。

何人かは確実に一皮剥けたと思います。

 

春からの試合を楽しめるように、稽古に励みましょう。