寝技の新しい返し方

今日は寝技をやり、これまでのローリングを復習しました。

さらに今日は、寝技での新しい返し方を教えてもらいました。

これまでの「脇すくい」では、相手の右側なら右腕を、相手の左側なら左腕を入れるのですが、今日は逆の腕を入れるやり方です。

腕を入れて自分の襟を掴むのですが、隙間をなくすために、できるだけ高い位置を掴むのがポイントです。

相手と密着したら、今ある背中を相手の方に向かって体を一気に捻ります。

それだけで、相手を返せます。

 

ただ、相手の背中は畳に着いておらず、これで良いの?と思った子が多かったと思いますが、相手の下側の腕が出ていれば、それで「抑え込み」です。

体を捻っただけで抑え込みまで完了するというこのやり方は、とても覚え易いのではないでしょうか。

これだけでも抑え込めるのですが、相手の下側の腕を持つと更に強力になり、もし初めに取った腕を抜かれても、そのまま袈裟固めに移行できるのです。

 

まだ要領を得ない子もいましたが、シンプルだからこそ数をこなして体で覚えましょうね。