試合の反省会

今日は試合後の初日ということで、試合の反省会をしました。

監督の話の流れは・・・

「今回の試合は11階級あり、そのうち6階級で東郷柔志館の子が決勝に進出した」

「そのうち、優勝したのは1人だけ」

優勝した1人を除いてはみんな負けがあり、反省点があるということで、一人一人自分が思う反省点を発表しました。

「引き手がうまく使えなかった」や「緊張した」などがありましたが、誰かが「技が出せなかった」と言ってから、技が出せなかったという反省点が続きました。

自分の反省点なので、今後の稽古や試合に活かせると良いですね。

 

技術的には、大きく2つの点を指導していただきました。

どちらも寝技に関することなのですが、1つはポイントに繋がる動作ができていなかったことです。

尻餅ついた相手に対して、そこから押し込むことでポイントに繋がるのに、「もったいない」と仰ってました。

もう1つは、亀に対してモタモタしていることです。

相手も本気なので、腕が入るような隙間なんかありません。

そんな相手に対し前に引き出せば、手や足が入るくらいの隙間ができるという指導をいただきました。

 

「試合」という字の如く、練習したことを「試し合う」のが試合だという言葉が響いたのか、その後の話を聞く子供たちの目が変わったように見えました。

今日は、いつもの平日に比べて集まりもよく、いつもよりも声が出ていたので、10月の試合までの稽古が楽しみです。

もちろん、試合も楽しみです。

次の試合まで1ヶ月ちょっとありますが、1ヶ月を長いと思うか短いと思うかで、稽古に対する気持ちも変わってきます。

内容の濃い稽古をして、10月の試合を迎えましょう。