入門までの流れ

どの柔道教室も、[連絡][見学][体験][入門] といった流れだと思いますが、東郷柔志館も同様です。
この流れを東郷柔志館に当てはめると、以下のようになります。

連絡

東郷柔志館の事務局であるちしゅう接骨院に連絡していただきます。
電話: 0561 − 38 − 8830

院長の馬場宗一は、東郷柔志館の指導員でもありますので、質問があればその場でお答えできます。

見学

練習場である東郷中学校武道場に来ていただきます。

日付によっては、時間も場所も変更されている場合がありますので、連絡の際にご確認ください。

 

できれば親子で来て頂きたいのですが、親だけでも構いません。

じっくり見学して下さい。

一度だけということはありませんので、何度でも納得するまで見学しに来て下さい。

体験

準備運動から始めますので、動きやすい服装でお願いします。

女の子の場合、髪の長い子がいらっしゃいますが、オシャレな髪留めなどは危険な場合もありますので、シンプルなゴム紐で縛って頂けると助かります。

 

柔道に繋がる準備運動に練習時間のほぼ半分を費やしておりますので、子供が飽きることは無いかと思います。

 

準備運動の次は柔道の練習が始まるのですが、体験の子や始めたばかりの子は、寝技ごっこや受身の練習をします。

やれる範囲で結構ですので、準備運動のあとは見ていて頂いても構いません。

 

体験も回数は問いません。

入門

お子様の「続けてみたい」という気持ちが強くなったら、入門させてあげて下さい。