かかる費用

どんな習い事でもそうなのですが、始める前にも始めてからも、お金がかかるものです。

子供のやりたいことをやらせてあげたいのが正直な親心だと思いますが、少なからず気になるのがその費用・・・

 

東郷柔志館で柔道を始める際、実際にどれくらいの費用がかかるのか参考にして頂くために、以下に細かく紹介します。

(具体的な数字は、平成29年4月のものです)

柔道着

柔道をする上で、必要となるのが柔道着です。

東郷柔志館では、手軽に柔道を始められるように、お手頃価格の柔道着を斡旋できる環境を整えております。

  柔道着:3,000円〜

   刺繍:1,500円

 ゼッケン:1,500円

練習用道着は、大きさに関係なく3,000円ですので、運動不足のお父さんもお子様と一緒に参加しやすいのではないでしょうか。

柔道着が届くまでしばらくかかりますが、柔道着の貸し出しもありますので、お子様の「やりたい」気持ちが熱いうちに、柔道に触れることができます。

 

ただ、試合に出場する場合は、柔道着にも規定がありますので、結果的に一万円前後の柔道着を購入していただくことになると思います。

刺繍は、胸に「柔志館」の文字を施しますが、この刺繍は試合とは関係ありません。
ゼッケンは、ほとんどの試合で必要ですので、柔道着と一緒に注文するのが慣例となっております。

先日購入した柔道着の明細を紹介します。

柔道着の業者に来てもらい、採寸して柔道着の大きさを決め、刺繍の文字や色などをお願いしました。

この明細の対象児童は、小学校5年生の中でも体が小さいため、柔道着のサイズも小さめですが、一万円くらいであることがお分かりいただけるかと思います。

ゼッケンと胸の「柔志館」刺繍以外に、名前の刺繍も2ヶ所入れてもらいましたが、全部で4,000円でやってもらえました。


練習場の確保

東郷柔志館は、主に東郷中学校の武道場をお借りしており、借りるためにもお金がかかります。

その日の練習に参加した人数で割れば公平なのかもしれませんが、毎回ではとても大変な手間でしかないため、お子様一人につき、以下の金額を一律でお願いしております。

   小学生:1,000円/月

   中学生:500円/月

 高校生以上:0円/月

 

武道場は3ヶ月単位で利用申請する必要もあり、集金は毎月ではなく4月頃と10月頃に半年分をお願いし、その中からやりくりしています。

もし余った場合は、お楽しみ会の景品など、子供へ還元するようにしています。

そのため、退会した場合の返金もありませんのでご承知おき下さい。

柔道連盟登録料

柔道大会に参加する場合や昇段試験を受ける場合、柔道連盟に登録していることが必須になります。

 小学生:1,100円/年

 中学生:1,800円/年

 高校生:2,600円/年

  一般:3,200円/年

     

試合や昇段は、目の前にある明確な目標となるため、登録をお願いしております。

スポーツ保険料

練習中の怪我や事故に対し、頼りになる保険です。

もしもの時のために、加入をお願いしております。

 小・中学生:800円/年 〜

 高校生以上:1,850円/年 〜

 

すでに何らかの保険に加入しており、その保険が、当道場における柔道の練習にも適用されるのでしたら必要ありません。

大会参加費

せっかく柔道の練習をしたのですから、練習の成果を試したいと思うことでしょう。

それは子供だけでなく、親御さんも成果を見たいのではないでしょうか。

 

年間に何度か柔道大会がありますが、大会に参加するにも参加費がかかります。

無料の大会もありますが、1人につき500円〜1,000円が相場です。